FOLIO
FOLIO

テーマ投資

FOLIO(フォリオ)の【テーマ投資】とは、「カジノ解禁」「VR(仮想現実」)」「寿司」など多彩なテーマをえらんで「株」に投資ができるオンライン証券です。

 

カジノ解禁 VR(仮想現実」) 寿司

それぞれのテーマは、FOLIO(フォリオ)が選定した10社の有望企業で構成されています。

そして、10社で構成されたテーマに、10万円程度から投資ができます。
(2018年12月時点で、全80種以上のテーマに投資可能。)

テーマ投資のメリット

  • 企業ではなく「テーマ」でえらぶ
  • 有望企業10社にリスクを分散
  • 分散投資を10万円から
  • 運用中のサポートも充実
  • 資産運用のための美しいデザイン
  • 業界最低水準の手数料

つまり、単一銘柄への投資よりもリスクを抑えた形で投資リターンを期待することができ、高度な金融アルゴリズムがプロ水準の運用をサポートしてくれるため、投資未経験者でも簡単に楽しく投資を始めることができます。

FOLIO
FOLIO

おまかせ投資

FOLIO(フォリオ)の【おまかせ投資】とは、ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」に、フォリオが改良を加えたアルゴリズムで運用するロボアド(ロボアドバイザー)です。

ロボアドの種類としては、投資一任型です。

つまり、「おまかせ投資」では、時間と手間のかかる資産運用をの代わりにロボたちがすべて自動で行うのです!

一般的に資産運用を行う場合は、以下のような手間と時間が沢山かかります。

「資産運用の計画 → 金融商品の選定 → 商品の購入 → モニタリング → メンテナンス」など。

フォリオのおまかせ投資では、10秒で終わる資産運用プラン診断であなたに最適と思われる国内外の株式や債券の資産分配を提案します。

一度運用を開始したら何もすることはありません。

なぜなら、運用開始後の資産は、自動で最適なカタチに調整されるからです。

忙しい人や、どういうテーマを選べばいいかわからないという人に最適なのが、「おまかせ投資」です。

運用報酬料は、取得有価証券の時価評価額の1%(3000万円を超える部分は0.50%/税抜・年率)です。

FOLIO
FOLIO

テーマ投資との違い。


テーマ投資では、あなた自身の好きなテーマをえらび、投資をはじめます。

購入後のリバランス注文やテーマの売買は自分自身でおこないます。

テーマ投資は、おまかせ投資より手間はかかりますが、運用の楽しさや醍醐味を味わうことのできるサービスです。

テーマを売買する際の取引手数料は、銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜・1銘柄の最低手数料は50円)です。

簡単にまとめますと、

  • 「テーマ投資」 テーマを選んで楽しく投資ができる。
  • 「おまかせ投資」手間をかけず簡単に投資ができまる。

となります。

FOLIO
FOLIO